好きなだけ大きくできる!希望を叶えてくれる豊胸施術

人工乳腺バッグを使った方法はすぐに豊胸の効果を実感できる

人工乳腺バッグを直接皮膚に挿入する方法は、多様な豊胸の方法の中でも多額のコストが発生しますが、術後すぐにバストアップ効果を実感できるという魅力があります。こうした方法は、人工乳腺バッグの素材やサイズは医師と相談しながら自由に選択できるため、好きなだけバストを大きくしたい女性の間で人気が集まっています。美容整形に力を入れているクリニックの中には、安全性の高い海外製造の人工乳腺バッグを採用したり、豊胸手術を担当する医師の資質向上に向けた研修を重視したりしているところが目立ちます。そのため、理想的な大きさのバストを手に入れたい人は、同年代の女性の症例写真などをチェックしながら、人工乳腺法をメインに扱っているクリニックで無料カウンセリングの予約を取ることがおすすめです。

バストに皮下脂肪を注入する方法は後遺症が起こりにくくて安心

バストに自分の皮下から採取した脂肪を直接注入する豊胸の方法は、術後に痒みや痛み、肌の炎症などの後遺症が起こりにくいというメリットがあります。また、メスを使わずバストの周りを切開することなく施術を受けられるため、患部の跡が目立ちにくいのも人気の理由といえます。一般的に、脂肪注入法は、人工乳腺法と比べるとバストアップの効果の持続期間が短いものの、腕の良い医師に施術を任せることで、少なくとも数年間は張りのあるバストを保つことが可能です。なお、実際に脂肪を注入する位置や量などによってバスト全体の見栄えが異なってくるため、施術を受けてから後悔しないためにも、担当の医師とよく相談して施術に臨むことが重要です。